ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



【独身ワイン会】バレンタインなワイン



2月15日(土)の夜に浜松町のイタリアンBAVAにて独身ワイン会を開催します。今回はボルドー格付けシャトー、カロンセギュールのセカンドワイン、ル・マルキ・ド・カロン・セギュールの他、ハートラベルのワインを取り揃えつつ、デザートにチョコレートと甘口ワインと合わせるバレンタイン特別企画で開催します。

今回は予定が合わないという方はメールアドレス登録いただくと次回以降ご案内します。
LINE@でもご案内しています。
友だち追加

CAMOS TOKYOではみんなでお酒をシェアして楽しむことをテーマに気軽なワイン会を開催しています。8割の方は1人でご参加されていますので、どなたでもお気軽にご参加ください。
※交流がメインなのでワインに詳しい必要は全くありません

■CAMOS TOKYOのワイン会のいいとこ
1.ちょっといいワインが飲めて、少し詳しくなれる
2.料理もちゃんと美味しい
3.お酒好きの人と楽しく飲めて、知り合える
一度で二度三度おいしいイベント

【独身ワイン会】とは…

私の男友達で年収も高く、見た目も悪くないのに彼女がいなかったり、逆に自立していて、感じもいいのに誰か紹介してと言う女友達が結構いたりします。そんな良い条件にも関わらず恋活・婚活している人たちのためのイベントを開催しています。

席の移動や連絡先の交換等、ご自身の判断でご自由にしていただけます(私自身、他の婚活パーティに行って苦手だったので、一人ずつ話して席替えしていくようなスタイルや希望を聞いてのカップリングなどは行いません)。

初めての人と楽しく飲めるだろうかという不安があると思いますが、毎回ワインが入るとみなさん打ち解けて楽しんでいただいているので、その点は全くご心配いただかなくて大丈夫です。スタッフも受付が終われば参加させていただくので、グループに入れていない人がいたらサポートいたします。

ちょっといいワインと食事を楽しもうという余裕のある男性・女性との出会いを希望される方はぜひご参加ください。

 

ワイン

2月といえばバレンタインデー。今回は、ボルドー3級シャトー、カロンセギュールのセカンドワイン、ル・マルキ・ド・カロン・セギュールの他、ハートラベルのワインを取り揃えました。また、デザートにチョコレートをご用意して、甘口ワインと合わせるバレンタイン特別企画です。ぜひお楽しみにしてください。

■おすすめワイン1
産地:フランス ボルドー
ワイナリー:シャトー・カロンセギュール
ワイン:ル・マルキ・ド・カロン・セギュール

「わが心、カロンにあり」葡萄畑のプリンスと呼ばれ、ラトゥールやラフィットも所有していたニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵のこの言葉は時を超えて伝えられています。カロンは12世紀からワイン造りをしていたという歴史あるシャトー。18世紀にオーナーとなったセギュール侯の時代にカロン・セギュールという名称となり、シャトーの勢いは増し、1855年のメドックの格付けでシャトーは第3級を獲得します。セギュール侯の「ラトゥールでもラフィットでもワインをつくるけれど、わが心はカロンにあり」という言葉からエチケットにハートのモチーフが描かれました。カロンのワインはヴェルサイユの寵愛を受け、瞬く間にヨーロッパ各国の宮廷においても人気を博します。

19世紀には育成・熟成庫のファサードにハートが彫られました。そこには「Premier cru de Saint-Estèphe(サンテステフのプルミエクリュ)」の文字も飾られ、同村で最古のドメーヌであることが今でも誇示されています。

メドック格付け第3級のカロン・セギュールのセカンドラインをご用意しました。カロン・セギュールではファーストワインのシャトー・カロン・セギュールの他に、セカンドとサードが造られています。カロンのテロワールの別の表現と言えるセカンドワインは、平均してアッサンブラージュの75%をメルロが占めるため、すぐ楽しめる、しなやかで明るいワインに仕上がっています。

いつの時代にもエレガントなファーストワイン。そして、個性を備えたセカンドワインであるル・マルキ・ド・カロン・セギュール(Le Marquis de Calon Segur)。ぜひ、カロンを愛したセギュール侯爵の心に触れてみてください。

 

■おすすめワイナリー2
産地: フランス ジュランソン シュッドウェスト
ワイナリー:ドメーヌ・コアぺ
ワイン:ノブレス・デュ・タン ジュランソン・モワルー ハーフ

「多くの三つ星でも愛されるジュランソンの宝石」ドメーヌ・コアペは、ピレネー山脈の麓にある「世界最高峰の甘口ワイン」と認識されるプレステージ・ワイナリーです。フランス国内だけでも無数の高級レストランで愛される極上の甘口を世に送り出すコアペですが、その歴史は意外に浅く、正式なワイナリー設立は1980年。現在のオーナー、アンリ・ラモントゥ氏がわずか一代で築き上げました。

1988年には従来の甘口を超える極甘口の生産に成功し、これがボルドーのヴィネクスポで行われた「世界の厳選甘口ワイン」でいきなり5位に入賞することになりました。この鮮烈なデビューが業界を驚かせるきっかけとなったのです。

彗星の如く現れては高評価を得続けている、星付きレストラン御用達のドメーヌ・コアぺからは、珠玉の極甘口をご用意しました。コアぺでは、収穫は全て手摘みで行い、傷がつくのを避けるためにカゴも小さなものを使います。収穫のタイミングは、辛口ワインと甘口ワインとでは異なりますが、特に甘口において収穫時期をずらす手法がコアペの特徴です。この極甘口は霜が降りる12月初めまで摘み取り時期を遅らせ、さらに長期熟成させた正に「貴族の時間」と呼ぶに相応しい、とてもエレガントなワインです。チョコレートとぜひ合わせてお召し上がりください。

この他、イタリアやスペインなどヨロッパ各国のハートにちなんだワインを、スパークリング・白・赤を織り交ぜて、合計8種類をお楽しみいただきます。

料理

料理は主催者が何度も通っている浜松町の炭火焼が美味しいイタリアン「braceria BAVA (ブラチェリアバーヴァ)」さんから、特別にワインに合わせた料理ををご用意いただきます。何度も開催していますが毎回、好評いただいています。

 

イベント詳細

■日時
2月15日(土)19:00~21:00(18:30受付&ウェルカムスパークリング)

■会場
浜松町 braceria BAVA (ブラチェリアバーヴァ)
http://www.braceriabava.com/access.html
〒106-0031 東京都港区芝大門1-4-7 アルファビル 1F~2F
JR「浜松町駅」徒歩2分、都営大江戸線「大門駅」徒歩1分
浜松町から大門駅方向へ歩き、右へ曲がってすぐワインの看板が目印のイタリアンレストランです。特別貸切です。

■形式
ワインをスパークリング、白、赤を織り交ぜて8種類以上、食事は半立食形式で特別コースをご用意します。ソフトドリンク(ウーロン茶、ジンジャーエール、オレンジジュース)のご用意もあります。

■ドレスコード
特にありません。普段着でお越し下さい。

■会費
LINE@の友だち、またはfacebookページに「いいね!」、またはtwitterを「フォロー」していただくと6,900円(定価7,900円)
(当日、確認できるスマホ画面等をお見せください。)
会費は当日会場にて現金でお支払いください。

■人数
60名〜70名程度
最大受付人数、男女共に各35名。それぞれ定員になり次第、お申し込みを締め切ります。
(過去のイベントは通常、男女比5:5~4:6です)

 

お申込み方法

 以下のボタンからお申込みください。お一人様からでもぜひご参加ください。本イベントをシェアいただくことも歓迎です。

万が一キャンセルされる場合は別途こちらからご連絡するメールアドレス宛にお知らせください。

よくある質問

●一人参加でも大丈夫でしょうか?
8〜9割の方はお一人で参加されていますので、基本的にみなさん同じ状況なので全く問題ありません。お酒が入れば、みなさんすぐに周囲の方と打ち解けられますので安心していらしてください。また主催もそうなるように努力します。

●はじめての参加で楽しめるか不安ですが大丈夫でしょうか?
毎回、はじめての参加の方が4〜5割程度いらっしゃいます。出会いの場としては初参加の方がいた方が盛り上がるのでぜひお越しください。不安な場合は当日、輪に入れるようにサポートさせていただきますので申し込み時のメッセージ欄にご記載ください。

●ワインに詳しくないのですが大丈夫でしょうか?
楽しく飲む交流がメインなのでワインに詳しい必要は全くありません。当日簡単な解説付きのワインリストをお渡ししますので、飲んでみてお好きなお酒を探してください。

●キャンセルはできますか?
お申込み時にご案内するメールアドレス宛にご連絡いただければいつでも可能です。ただし、当日キャンセルの場合は料理の量を調整できないため、できるだけ避けていただけると助かります。

この他のご質問はこちらにまとめています。

キャンセルされる場合は別途こちらからご連絡するメールアドレス宛にお知らせください。

過去の開催状況はイベントページからご確認ください。

イベント名【独身ワイン会】バレンタインなワイン
開催日2020年02月15日(土) 19:00〜

こちらのページもご覧ください