ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



ワインを飲みに旅に出よう、世界文化遺産のワイン産地フランス編(2)

この記事は約 5 分で読めます。



ワイン好きにとっては聖地といえ耽溺のグラン・クリュがひしめく「ブルゴーニュ」。3年前、シャンパーニュと同時に念願の世界文化遺産認定を果たしました。今さら世界遺産と言われてもって感じですが、その認定ポイントを知ると、ブルゴーニュの魅力が一層実感できます。合わせて今回も、ぜひ訪れたい旅の魅力もご紹介しましょう。

比類なきテロワールが育む唯一無二のワイン産地、世界遺産に認定された「クリマ」とは?

ワイン愛好家にとっては、まさに世界の至宝ともいえるブルゴーニュワイン。しかしユネスコ世界文化遺産の認定は意外に遅く2015年でした。みなさんもご存じの通り、ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、モンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュ、ミュジニー、シャンベルタン、クロ・ド・ブージョなど、偉大なワインを生む1247の「クリマ(区画)」が、念願の世界遺産登録を果たしました。

では、ブルゴーニュを語る上でも重要なクリマとはいったいどのようなものでしょうか。クリマは、土壌、微気候、畑の標高や傾斜、土壌の表土や母岩の質、などの違いを基に、ブルゴーニュの人々が葡萄畑を細分化した区画のことをいいます。ブルゴーニュ地方は生産地の地図をみてもおわかりになるように、葡萄畑がまるでモザイクのように細分化されています。その理由のひとつには、1億5千万年前に海底だった場所が隆起した際に、地層が細かく分断されて土壌がとても複雑であることが挙げられます。

ブルゴーニュの英知と歴史を伝え守り受け継ぐクリマの境界線

葡萄栽培はローマ時代から行われてきましたが、すでに16世紀には、ブルゴーニュの人々は英知と経験で複雑な土壌や微気候、つまりテロワールを熟知してクリマを細分化。地図も作成し、その中で特に偉大な区画をグラン・クリュ、それに次ぐ畑をプルミエ・クリュと認定し格付けしました。クリマの境界線は今もしっかりと守られ、それぞれに歴史をもち、土壌、気候も異なり、特異のテロワールを誇ります。

またブルゴーニュのワインは、白はシャルドネ、赤はピノ・ノワールの「単一品種」で造られることも他の産地にはない大きな特徴です。そのため、より一層各クリマのテロワールが反映され、そこに人の手や哲学が加わり、非常に多彩で複雑なワインが生まれることも、世界遺産認定の重要なファクターとなりました。

心躍るワイン観光地ボーヌ、秋に華やかなオークションが

黄金の丘といわれるコート・ドールには約60kmにも渡り偉大なクリマが連なります。初秋に訪れると、強い陽ざし中で色づくブドウを一斉に収穫し、今もその歴史を守り抜く人々の姿が見られます。中心地のボーヌはブルゴーニュ公の居城があった街。あでやかな屋根をもつオスピス・ド・ボーヌでは、毎年11月第3日曜日にワインのオークションが華やかに開催され、世界中のワイン業者が街に集まります。その落札価格はその年のブルゴーニュワイン全体の取引価格に大きな影響を与えるといわれます。

ボーヌの街では石畳の路地を散策しながら、ワインショップを眺めるのも楽しいです。モンラッシェやロマネ・コンティの畑など、有名なグラン・クリュやワイナリーを巡る観光ツアーもこの街から出発しています。

まずはボーヌを目指そう!ブルゴーニュワインのワンダーランド

ブルゴーニュのワイン観光の起点はボーヌ。パリからはTGVを使い約2時間半。駅を降りたら、まずは徒歩15分、ボーヌ旧市街地の観光案内所に向かいましょう。といっても途中、ずらりと並ぶワインショップを眺めてしまい、なかなかたどり着けません。

観光案内所では当日パリからふらっと行ったにもかかわらず、ホテルやワイナリーツアーの紹介を親切にしてくださり、畑や観光地図もいただけました。観光案内所の向かい側にはワイン市場「マルシェ・デュ・ヴァンMarche aux Vins」があり、約10€でムルソー、ポマール、ヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サンジョルジュなど、ほぼすべての村名ワインが試飲可能。村ごとのワインの特徴も勉強でき、この価格で100近いの生産者のワインが試飲できるとは有難い観光スポット。ですが、たまーに不出来な生産者のワインが、少数紛れ込んでいるのでご用心。

観光案内所の周囲には、ブッフ・ブルギニョン、コック・オー・ヴァンなどブルゴーニュの郷土料理を味わえるビストロが軒を連ね、どこに入ろうかさんざん悩むのも旅の醍醐味。またボーヌ周辺はミュランの星付きレストランも多いので、資金に余裕のある方は訪れてみては。

同じく世界遺産に認定されているオテル・デューの慈善病院も必見。さらにディジョン名産のマスタード博物館など、ボーヌ旧市街は徒歩圏内で楽しめる観光スポットが満載です。

日本語ガイドツアーも種類豊富に

最近は日本語ガイド付きのブルゴーニュツアーも多くあり、ネットでの事前予約も可能。

VELTRA(ベルトラ)

世界中の現地オプショナルツアーの予約ができる専門サイト。「日本語ガイド付き ボーヌ発ブルゴーニュワインツアー」は、ロマネ・コンティやモンラッシェなどコート・ドールのクリュを巡るドライブ、有名ドネーヌでのランチ&ソムリエの試飲セミナー、醸造所見学&試飲、などを含め一日コースで一人230€。
https://www.veltra.com/jp/europe/france/france_other/p/12041

レ・グルマンディーズ

フランス在住の日本人でフランス国家認定ソムリエが案内する、現地発着ツアーを催行。有名なグラン・クリュやソムリエが厳選したドメーヌを日本語の解説で楽しく巡ります。ミシュランの星付きレストランでのランチやディナーも希望によりアレンジしています。
ツアー詳細やソムリエおすすめのレストラン情報は以下のサイトで。
https://les-gourman-disent.jimdo.com/

こちらのページもご覧ください