ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



【白ワインの魅力】代表的な3品種の味わいについて

この記事は約 3 分で読めます。



みなさんワインはお好きでしょうか?

ワインは他のお酒に比べるとちょっと敷居が高いようなイメージがありますよね「デートでおしゃれなレストランに行っても、ワインについて詳しくないので選択しから外そうかな…」なんて経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ワインビギナーのために「白ワイン」について詳しくご紹介したいと思います。

白ワインに用いられるぶどうの種類

まず知っておきたいのがブドウの種類です。代表的な3種類のブドウをご紹介します。

1. シャルドネ

ブルゴーニュ地方で作られている白ワインの中でも代表的な品種がシャルドネです。シャンパンの原料としても使われており、特にシャブリ地区のワインが知られています。

他のブドウと比べると栽培しやすいため、世界中で栽培されている品種です。涼しい土地ですと酸味が強くなる傾向があり、温暖な土地だと甘みが強くなるという特徴があります。

2. リースリング

ドイツの代表的なブドウの品種で、辛口から甘口まで幅広い味わいがあるため、甘めのワインならワインがあまり苦手という人でも飲めます。

一般的にはしっかりした酸味と芳醇な香りが特徴で、甘みと酸味のバランスが素晴らしいのが特徴です。

3. ソーヴィニヨン・ブラン

この品種は主にフランスボルドー地方やロワール地方などで栽培されており、ニュージーランドなどでも最近注目されている品種です。

爽やかでキレのいい酸味と、草のような香りが特徴で、ちょっとクセがあります。早いうちに飲んだ方がブドウ本来の味が楽しめると言われています。

4. その他

上記3品種の他には、セミヨン、フルミント、ミュスカデ、日本で言うと甲州という品種が知られています。

白ワインの代表的な商品とは

ウィリアム・フェーブル・シャブリ

シャブリでもっとも偉大なドメーヌがウィリアム・フェーブルで、これはシャブリ本来のフレッシュさと、ミネラルを活かすために新し樽を使っていないそうです。クミンシードのようなスパイシー感と、果物の凝縮観を併せもった香りで、石灰質の土壌特有のフレーバーが引き立つのが特徴です。

酸味が豊かで味わいが非常に重厚かつどっしりした存在感が感じられるワインです。また、完成度が高く、強いミネラルと果実味が豊富な味わいのワインとしても知られています。

白ワインに合うおつまみは?

一般的に「赤ワインには肉、白ワインには魚が合う」などと言われていますが、どうしてそう言われるのでしょう。

その理由は、人間が感じる下記5つの味覚に関係します。

  • 甘み
  • 苦み
  • 酸味
  • 旨味
  • 塩味

白ワインは全体的にあっさりした「甘み」と「苦み」、「酸味」が特徴のワインです。その為、その他の塩味や旨味の豊富なおつまみとなら個性のぶつかり合いがなく、淡泊なものであればさらに相性がいいようです。

そうなると、手ごろに手に入ると言えば魚料理ということになりますよね。おつまみとしては、白身魚のカルパッチョ、生ハム、カマンベールチーズ、生ガキ、お刺身などがおすすめです。

ちなみに、赤ワインの特徴は「苦み」ですので、うまみや甘み、塩味を併せもったステーキなどの肉料理がおつまみに適しています。

最後に

白ワインは種類によればビギナーにも飲みやすいワインということになりますね。

特におつまみと合わせるとよりおいしく感じられることでしょう。旨味と塩味があるものは他にも多いですので、ぜひ自分に合ったおつまみを見つけてみてはいかがでしょうか?

こちらのページもご覧ください