ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



最近耳にする「新世界ワイン」とは、旧世界との違いや特徴について

この記事は約 3 分で読めます。



ワインショップなどでよく「新世界ワイン」や「ニューワールドワイン」などといった言葉を目にしませんか?

ワインの生産地は今や世界各国となっていますが、このワイン生産国を大きく分類すると「新世界」と「旧世界」に分けられます。でも、新世界とは一体どういったものを指しているのでしょうか。

今回は、ワインの「新世界」についてご説明したいと思います。

ワインにおける「新世界」と「旧世界」の違い

「新世界」とはその名前のとおり、“ワインの生産の歴史がまだ浅い生産地”のことを指しています。世界的にまだ知名度の低いヨーロッパ以外の国のことで、「ニューワールド」と言い表す場合もあります。

そもそも新世界という言葉、世界史で近世ヨーロッパの大航海時代に登場しましたよね?コロンブスなどの冒険家が大西洋をはるばる超え、新大陸を発見したこの時代には、当時の人たちにはそれまで見たこともない世界が広がっていたため、新たな土地のことを「新世界」と呼んだそうです。

一方「旧世界」は、ヨーロッパや地中海沿岸などワインの生産の歴史がかなり古く、ワインの定番国と言われているヨーロッパ各国のことで、主にフランス、イタリア、ドイツ、スペインなどのことを指します。

新世界・旧世界に分類される国

新世界ワインに分類される国

具体的に新世界に分類される国は下記などです。

  • アメリカ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • チリ
  • 南アフリカ
  • カナダ
  • アルゼンチン
  • 日本

質・量ともに最も重要視されているのはアメリカでしょう。特にカリフォルニアのオーパスワンは人気が高いですね。

また、コスパが非常に高く日本でも知名度の高いチリや、パワフルなワインを毎年高い品質で生み出しているオーストラリア。最近注目度が上がってきているニュージーランドや、ポテンシャルが高い南アフリカ、アルゼンチン、さらに日本のワインも新世界ワインと言えます。

この中でも、涼しい産地のワインや、テロワールのワインなどは旧世界のワインを凌駕するような製品を多く生み出しています。

旧世界ワインに分類される国

旧世界に分類される国は下記です。

  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • ドイツ

新世界と旧世界のワインの違い

新世界のワインは特にフランスのような旧世界ワインと比べると価格が安く、さらに最新設備によって大量生産できるワイナリーも多いためコスパが高く、デイリーワインにぴったりです。また、果実味が豊富なのでしっかりした味わいで、アルコール度数がやや高めのものが多いのが特徴だと言えるでしょう。

一方、旧世界ワインの方はヨーロッパの歴史や文化などと発展してきたワインなので品質が高く、アルコール度数が強すぎないものがほとんどです。EUのワイン法に基づいているため、それぞれの現状に合ったワイン法を制定し、格付けを決めているのが大きな違いと言えるでしょう。

ですが、ラベルの表記方法については品種でなく、ボルドーやブルゴーニュなどといった地名やワイナリーで書かれているため、ビギナーにとってはちょっとわかりにくいかもしれません。

最後に

以上が新世界ワインについてでした。日本でも新世界ワインはヨーロッパのワインと同様よく見かけるようになってきましたよね。

日本におけるワインの輸入量はフランスやイタリアに次ぎ、チリが3位となっています。また、日本は2015年にオーストラリアと経済連携協定を結びました。その為今後ますます新世界ワインは身近なものになっていくと考えられます。

“新世界ワイン、旧世界ワインどちらがいい”というわけではなく、両者それぞれに特徴や魅力があります。どちらのワインも試して楽しむことがワイン好きの楽しみの1つになるでしょう。ぜひ、これからのワインライフのご参考になさってみてください。

こちらのページもご覧ください