ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



ワイン好きが注目する「南アフリカ産ワイン」について

この記事は約 3 分で読めます。



日本でも最近多く輸入されるようになった南アフリカのワイン。暑いイメージがあるアフリカですが、実際には南端と北端は地中海性気候のためブドウの栽培に適している気候です。

チュニジアやモロッコなどでもフランス占領下時代からフランス系のブドウの品種のワインが作られていましたが、ここでは「南アフリカ」にスポットを当ててご紹介します。

南アフリカのワインの歴史

南アフリカのワイン製造は1659年から始まったと言われており、すでに350年以上もの歴史があります。

ヨーロッパの人々がインドへ向かう際の食品供給地として、南アフリカにケープタウンをつくり、1655年からブドウの栽培が始まりました。

ワイン産業はあまり発展しなかった

19世紀半ばヨーロッパにフィロキセラの被害が出ていたころ、代替品として南アフリカのワインがヨーロッパで販売されるようになりましたが、被害から立ち直りヨーロッパワインの生産が復活したことにより、南アフリカのワイン輸出は低迷します。

さらに、20世紀に入ると南アフリカではブドウの余剰問題が発生。その後1993年まで政治が混乱したため、ワイン産業はあまり発展しなかったようです。

1970年以降輸出量が増加

そんな中で、1918年に輸出を目的とした「南アフリカブドウ栽培者協同組合」が設立。ワイン産業の発展に力を注ぐようになりました。組合は、ブドウの最低価格を決め栽培農家を守ったり、余ったワインからブランデーなどを造るなどし、ワインの需要と供給のバランス調整を行ったのです。

その後、1970年代に「ワイン法」が制定されます。1994年には、ネルソン・マンデラ政権が誕生し、ワイン・スピリッツの輸出協会の活動を推進する政策が成功したことで、南アフリカのワイン輸出量は20倍に増加したのです。

南アフリカで代表的なブドウ品種とは

南アフリカで最初に植えられたブドウは下記の3種と言われています。

  • ミュスカデル
  • マスカット・アレキサンドリア
  • シュナン・ブラン

ヨーロッパに続き、南アフリカでもフィロキセラの被害が起こってからは、新たな品種を輸入することが厳しく管理されたため、病気や外来種が持ち込まれることはありませんでした。

現在では、シュナン・ブランの栽培面積が最も広く、赤ワインではカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローが増加しているようです。

南アフリカの“独自”のブドウ品種としては、ピノタージュがあります。この品種はピノ・ノワールにサンソーを掛け合わせた品種です。一時期評価を得ていなかったのですが、最近ではテロワールを反映しているものが増え、ピノタージュと他の品種を混ぜたケープブレンドとしても定着し、評価を得るようになりました。

南アフリカのワイン醸造環境

南アフリカのブドウ畑は、2004年にユネスコに登録された世界遺産「ケープ植物区保護地域」の中にあります。ここでしか見ることのできない9,600種の珍しい植物があり、経済発展と環境保護の両立がテーマの地域です。

この世界最古の土地でワインづくりを行っている南アフリカの生産者も、この環境を保護することとワイン産業の発展の両立に尽力しています。自然環境と労働環境の改善も行われており、黒人労働者の組合があり、労働環境の向上が図られています。

最後に

南アフリカ産ワインの魅力はまだまだ他にもたくさんありますが、最大の魅力は“自然との共存”でしょう。

南アフリカから日本に輸入するのは距離的にとても大変ですが、素晴らしいワインが揃っています。遠い国からやってくる目新しいワインを一度飲んでみるのもいいでしょう。

こちらのページもご覧ください