ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



赤ワインの渋みのもと「タンニン」とは

この記事は約 3 分で読めます。



ワインに渋みを与える「タンニン」ですが、その言葉はよく耳にするものの、正体についてご存じでしょうか。

何から生まれてどういった成分なのか、このタンニンの正体を知っておけば、今よりワインが楽しいものになるかもしれません。

今回は、赤ワインの渋みのもとであるタンニンについてまとめていきます。

タンニンの正体とは

タンニンとは紅茶や緑茶などにも含まれている「カテキン」の一種であり、カテキンは、ポリフェノールの中でもがん予防やアンチエイジング、認知症予防に効果があると研究結果で報告されている成分です。

このように健康に良い成分ですが、唯一厄介なのが“鉄分の吸収を阻害”してしまうことです。貧血気味の人がタンニンをあまりに摂ってしまうと、貧血を急速に進行させてしまうため注意が必要です。

タンニンは何から生まれるのか

タンニンは赤ワインに多く含まれており、白ワインにも微量でありますが含まれています。どうして赤と白に差が生まれるのでしょうか。

その理由は、ワインに含まれているタンニンが2つの成分に由来しているからだと言われています。

ぶどう由来のタンニン

赤ワインはブドウの実の他に種子や果皮なども一緒に醸造されるため、タンニンが豊富の含まれています。白ワインでは醸造過程においてそれらが取り除かれるため赤ワインに比べ少ないのです。

ブドウの中のタンニンの割合は下記の通りです。

  • 種子:55%
  • 梗部分:35%
  • 果皮:10%

梗にもかなり含まれているそうですが、一緒に発酵させてしまうと嫌な味がつくため、取り除かれてしまうことがほとんどです。ただ、タンニンや酸を多く与えるため、あえて全部もしくは一部を取り除かずに残して作るスタイルのものもあります。

ワイン樽由来のタンニン

ワインを熟成する時に使うオーク樽にはタンニンが多く含まれており、樽で熟成中にワインの中にタンニンが強化されていきます。

最近では、新世界を中心としたコストがかかるオーク樽でなく、オーク材を粉状にしたものをワインの中に入れ熟成させ、ワインのタンニンを強化するといった方法が用いられています。

タンニンの役割とは

タンニンは複雑さや深み、余韻などをワインに与えるため、赤ワインの“骨格”とも言われています。タンニンが時間の経過とともに他の成分と結合し、渋みはだんだんと弱くなっていきます。その為、苦みが強いワインは一般的に“若いワイン”とされているようです。

ちなみに、熟成されたワインの底に沈んでいるのを見かける「澱(おり)」ですが、この正体は他の成分と結合したタンニンです。タンニンは赤ワインの「色合い」にも影響を与えていて、澱が多くなるほど色味が薄くなると言われています。

さらに、タンニンは熟成する際に酸化による劣化からワインを守ってくれる働きも担っているのです。

タンニンを多く含んだ品種とあまり含んでいない品種

まず、タンニンが多く含まれている品種は下記などです。

  • メルロー
  • シラー
  • タナ
  • プチ・ヴェルド
  • テンプラリーニョ

タンニンがあまり含まれていない品種は下記です。

  • ピノ・ノワール
  • グルナッシュ
  • バルベーラ
  • ガメイ

単にタンニンが豊富と表現しても、ぶどうの品種によってタンニンの感じ方が全く違っています。そういった点もタンニンがワインに与える魅力と言ってもいいでしょう。

まとめ

今回は、タンニンについてご紹介しました。今後ワインを楽しむ際はぜひタンニンの存在感を意識してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、タンニンの多いワインには、肉料理やオリーブオイルがたっぷりのお料理、ハード系チーズや青カビチーズなどがおすすめです。

これからのワインライフのお役に立てることを願っています!

こちらのページもご覧ください