ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



白ワイン名産地で造られる「サンセール・ルージュ」は上質な味わい

この記事は約 3 分で読めます。



フランス・ロワール地方にある白ワインの名産地「サンセール」は、ソーヴィニヨン・ブランを使ったエレガントでドライな味わいが特徴です。

元々白ワインで有名なサンセールですが、ここでは、このロワール地方とサンセールの赤である「サンセール・ルージュ」についてご紹介していきます。

ロワール地方とは

フランス・ロワール地方は、フランスの西部にある地方のことで、古くからフランス宮廷文化が栄えた地域です。そのため、今でもたくさんのお城が残っており、華やかな景観の街並みが特徴的です。

このロワール地方にはフランスの中央部から大西洋にかけて、全長1000キロメートルにおよぶロワール川が流れていて、その川の周辺にはロワールワインの産地が広がります。この地域の気候は内陸部と海岸部で少し異なりますが、基本的には海洋性気候のため、冬は暖かく夏は涼しい穏やかな気候となっています。

サンセールワインについて

辛口白ワインの名産地

サンセールを造っている地域はこのロワール地方の内陸部で、パリから南に170キロのところにあり、栽培されているブドウの品種はソーヴィニヨン・ブラン種がほとんどで、サンセールのワインはこの品種から造られている辛口の白ワインが9割だそうです。

ロワール地方の辛口の白ワインで有名なのが「サンセール・ブラン」ですが、19世紀より前は、ピノ・ロワール種を使った赤ワインも造られていたとか。ですが、害虫などの被害のため生産量は激減し、現在では一部の地域と生産者だけが品質の高いサンセール・ブランを造っています。

サンセールワインの特徴

サンセールワインは辛口の白で、貝殻の土壌が培ったミネラルが大変豊富なキリッとしたアロマが特徴となっており、グレープフルーツやレモン、柚子などのかんきつ系の味わいが感じられます。さらに、硬質なミネラルからよく「火打ち石」という表現も使われたりします。

この表現は、サンセールの東側にある畑で穫れたブドウによく使われており、昔からブラン・フュメと表現されてきました。ロワールの対岸にある白ワインの名産地、プイィ・フュメの名称も同じ由来となっています。

赤ワインの製造が復活

サンセールのワインはソーヴィニヨン・ブランを中心とした白ワインがほとんどですが、最近では赤ワインを復活させようとする試みも行われています。全体の1割にも満たないのですが、ピノ・ノワール種を使った赤ワインも作られるようになりました。

また、サンセールではワインの他にも品質の高いヤギのチーズが作られており、サンセールワインとの相性は抜群です。その端正な味は魚介料理などと相性が非常によく、特にレモンなど酸味がきいた前菜や、ハーブを使った味つけ、スモークサーモンなどとの相性が非常にいいです。

サンセールを代表する醸造家

サンセールで注目を浴びているのが、パスカル・ジョリヴェ氏でしょう。

彼は今やロワール地方を代表とするワイン醸造家と言われており、ソーヴィニヨン・ブランの魔術師とも言われているほどです。ミシュラン星付きのレストランでも取り扱われるほどで、世界中のワイン愛好家から高評価となっています。

ちなみに、彼のワインづくりのコンセプトは、“できる限り自然のままで手を加えないこと”だそうです。多少時間がかかったとしても、自然に従ったブドウ栽培を優先し、果実本来のアロマを最大限に引き出した製造法を行っています。

最後に

フランスの代表的なワイン名産地、ロワール地方のサンセール。素晴らしい土壌と気候から製造されている辛口の白ワインの他に、上質なロゼワインや赤ワインも作られています。

ただ、ロゼや赤はまだ少量しか作られていないため、見つけた際にはぜひ購入されてみてはいかがでしょうか?

こちらのページもご覧ください