ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



一般向けのワイン試飲会へ参加する時の心得5つ

この記事は約 3 分で読めます。



基本的にワインの専門家を対象として開催されているワインの試飲会。しかし、中には一般向けに開放しているものもあります。そういった試飲会やテイスティングイベントに参加する際の注意点を5つ、まとめました。初めて試飲会に参加されるという方はぜひ参考にしてください。

ワイン試飲会へ参加する時の心得5つ

①体調を万全にしておく

色合い、香り、味わい、余韻…。ワインは五感の全てを使って堪能するものです。飲んだワインを正しく評価するために、試飲会の当日は体調を万全に整えておきましょう。特に目や鼻、口・喉が不調だと試飲に多大な悪影響を与えてしまいます。また、最高のコンディションにするなら、前日・当日の食事内容にも気を遣わなくてはいけません。にんにくや唐辛子など、臭いや刺激の強い食べ物は控えるようにしましょう。

②積極的におすすめのワインを質問する

試飲会ではインポーター(ワインの輸入業者)のブースにワインが並べられています。ブースには担当のアドバイザーがついているので、積極的にワインについて質問してみましょう。赤か白か、軽いか重いか、飲みたいワインの特徴を伝えるだけでも、アドバイザーが希望に合わせて自慢の一品をセレクトしてくれます。

せっかくの試飲会の場、必ずしも価格の高いワインが美味で優れたワインというわけではありません。先入観で選ばずに、プロの判断に任せてみてはいかがでしょうか。プロの目利きで、きっと、あなたの中のワインの世界が広がるでしょう。

③一口で飲める量にする

自分で注げるワインでも、必ず一口で飲める量にしておきましょう。試飲会では数十種類、時には数百種類にのぼるワインをテイスティングすることになります。一杯の量が多いとすぐに酔っぱらってしまい、最悪の場合は周囲に迷惑をかけることにもなりかねません。気が付いたらロビーで寝ていた…なんて恥ずかしい事態にならないよう心がけたいもの。

中には、味の違いをしっかりと確認するため、ワインを口に行き渡らせた後は「吐器」に吐き出してしまう人もいます。

また、試飲を重ねると体のコンディションが衰えてきてしまい、本来のワインのポテンシャルを感じることができなくなります。テイスティングは香りの弱いワインから始め、徐々に香りの強いワインにしていきましょう。味覚の衰えを防ぎ、ワインの味を長く楽しむことができます。
スパークリング→白ワイン→赤ワインの順で飲むのがおすすめです。

④使用するワイングラスは1脚のみ

多くの試飲会では、入場時に1脚のみワイングラスを渡されます。試飲の際には、このグラスを会場内の水で洗浄して再利用しましょう。ホテルでの開催の場合は大量のグラスが準備されていることもありますが、毎回グラスを交換するのはマナー違反です。試飲を重ねるうちに、グラスを洗浄してもなかなか香りが取れなくなってきます。そうなった時のみ交換するようにしてください。

なお、試飲会によっては試飲に使ったワイングラスを持ち帰ることができます。

⑤有料試飲のタイミングは担当者に確認

試飲会によっては、普段は到底お目にかかれないような高級ワインを有料で試飲できるケースもあります。そういうワインを飲んでみたい場合は、試飲担当者に最良のタイミングを確認するのがおすすめです。開会直後は抜栓してから時間が経っておらず、ワインの美味しさを十分に発揮できていない場合があります。高級ワインの本領を遺憾なく発揮してもらうためにも、率直に担当者に頼んでみるのがよいでしょう。

まとめ

ワイン好きであれば一度は参加してみたい試飲会。ワインの味を楽しみ、専門家から直接美味しいワインの知識を教えてもらえるのが、試飲会の醍醐味です。
しかし、心ゆくまでワインを味わうためには入念な準備や節度ある行動が大切です。今回ご紹介した心得を胸に秘め、ぜひ一度試飲会に足を運んでみてください。

こちらのページもご覧ください