ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



ワインのスマートな選び方・見分け方3ステップ

この記事は約 4 分で読めます。



ワインは種類が豊富で、何を選べばよいのか困ってしまうことはありませんか?たくさんあるワインの中から、どうすれば自分に合った美味しいワインを選ぶことができるのでしょうか。

今回は、ワインのスマートな選び方・見分け方のコツをご紹介します。

ワインのスマートな選び方・見分け方

1 ワインの色・種類で選ぶ

ワインで迷ったら、まずはワインの色を決めましょう。

赤ワイン

渋味と重厚さ、ポリフェノールです。熟成期間が長いほど、濃い色になります。味の濃厚さによってフルボディ(重口)~ライトボディ(軽口)と分けられます。

白ワイン

渋味が少なく、フルーティーな味わいが特徴です。酸味と甘味もあわせ持ち、初心者にも気軽に飲みやすいワインです。一般的に辛口~甘口と分けられ、熟成させた濃厚なワインは色が濃いのが特徴です。

ロゼワイン

色も渋味も赤ワインと白ワインの中間です。

料理に合うワインを探しているなら、ソースもしくは食材の色に注目するとよいでしょう。料理と似た色のワインは相性が良いといわれています。

デザートワイン

「ワインの味は苦手」という方にもおすすめなのが、シャンパンやカヴァなどのスパークリングワインや、一般的なワインよりもかなり甘い「デザートワイン」です。

例えば「貴腐ワイン」は、貴腐菌の働きにより水分が蒸発し糖分だけが凝縮した、干しぶどうの状態になったぶどうでワインが造られます。その希少性や豊かな香り、重厚感や高級感が人気の理由です。

アイスワイン

「アイスワイン」は凍ったぶどうをワインにするので、ぶどうの味が濃縮されています。強い甘味がありますが、酸味もあるため甘ったるくはなく、飲みやすいのが特徴です。

2 ぶどうの品種で選ぶ

原材料のぶどうの品種よってワインの味は大きく変わります。ワインの色を決めたら、ぶどう品種に注目し、味を想像してみましょう。

赤ワインの品種

カルベネ・ソーヴィニヨン

ボルドー系のワインに使われる品種です。渋味と酸味、甘味と香りを兼ね備えた力強い味で、王様のような存在です。長期熟成に適しており、熟成期間が短いと苦みと渋味が強く、熟成期間が長くなるにつれ、まろやかになっていきます。迷ったら、赤ワインの王道カルベネ・ソーヴィニヨンを試してみるのも良いでしょう。

メルロー

あまり主張しない、上品でまろやかな味です。カルベネ・ソーヴィニヨンとブレンドされることの多い品種です。酸味が苦手なら、メルローの使われているものを探してみてください。

ピノ・ノワール

ブルゴーニュで使われる単一品種として有名です。明るい色と華やかな香りが特徴で、エレガントな女王様のイメージです。年によって味が変わるのも特徴です。

シラー

濃厚な色とスパイシーな風味が特徴の個性派です。オーストラリアではシラーズと呼ばれます。

白ワインの品種

シャルドネ

白ワインの王道品種で、シャンパンにも用いられます。特徴・くせがない品種なので、産地や作り方によって味が変わります。

リースリング

酸味のきいたさわやかな味で、貴腐ワインの超甘口から辛口まで、幅広く用いられます。ソーヴィニヨン・ブランは、さわやかでフレッシュな香りが特徴です。

同じ品種でも、産地の風土や醸造方法によって風味が変わります。和食なら日本ワイン、イタリアンならイタリアワインのように、料理とワインを産地で組み合わせるのもよいでしょう。

3 ボトルの形を参考にする

ワインにはさまざまな形のボトルが使われています。ボトルの形を見ればワインのタイプがわかるのをご存じでしたか?

ボルドー型

直線でいかり肩をもち、ビン底のへこみが大きいボトルはボルドー型です。ボルドー系のワインは渋味が強く、熟成中に澱がたまるので、澱がグラスに入らないように工夫されています。一般的にボルドー型の白ワインは、ビンが緑色なら辛口、透明なら甘口です。

ブルゴーニュ型

背が高く、なで肩のなめらかなシルエットはブルゴーニュ型です。細長く、肩がなだらかなボトルはフルート型で、軽快な白ワインに使われます。

シャンパーニュ型

太くなで肩で、分厚いガラスが使われているのはシャンパーニュ型で、スパークリングワインに使われます。炭酸ガスによる内圧に耐えられるように、丈夫に作られています。

プロヴァンス型

ボトルにくびれがあり底が細いボトルはプロヴァンス型で、フルーティーでフレッシュなワイン用です。

ワインは温度によって味わいが変化します。温度が高いほど渋味はまろやかに、香りは豊かに感じます。そのため、赤ワインは室温程度(14~20℃ほど)が適温です。軽めの赤ワインならもう少し冷やすのもよいでしょう。

ロゼワインと白ワインは、重めのものは10~14℃程度、辛口のものは10℃前後、甘口のものはさらに冷やして飲むと、よりおいしくなります。温度が低いほど酸味は引き締まり、甘味はさっぱりと感じるためです。

まとめ

今回は、美味しいワインの選び方をご紹介しました。

お店やレストランでは、予算や合わせたい料理、味の好みなどを伝えて、おすすめのワインを紹介してもらうのもよいでしょう。自分に合った美味しいワインを見つける参考にしてみてください。

こちらのページもご覧ください