ワイン会・ワインイベント案内を随時メールで送らせていただきます。もちろん登録は無料です。
また、運営会社株式会社リエゾンからお得なワイン情報も送らせて頂きます。



ワインの歴史(世界編)|発祥から現代の世界的普及に至るまで

この記事は約 4 分で読めます。



ワインは多くの国で製造され、世界中の人たちに愛されてきました。ワイン造りはどのように始まり、どのように世界中へ広まっていったのでしょうか。

ここでは、酒類の中でも世界最古の部類に入るワインの長い歴史をご紹介します。

古代のワイン

ワインは、人類が発明したものではなく、発見したものです。

酵母は数億年前、ぶどうの原種は300万年前にはすでに繁茂していました。つまり、人類登場のはるか前から、ぶどうの皮に付着していた天然酵母の働きにより、地面に落ちたぶどうが自然にワインになる状況が整っていたわけです。

ワインの発祥は紀元前6000年頃

コーカサス山脈(ジョージア)はワイン発祥の地と言われ、紀元前6000年頃にはすでにワインが造られていたようです。また、となりのアルメニアでは、紀元前4000年頃のものと推定されるワイン醸造所跡が発見されました。

足踏み式のぶどう圧搾機や発酵槽などともに、干からびたぶどうの皮や種が見つかっています。

エジプトでも、紀元前4000年代末期にはワインが造られていました。ワイン醸造のための圧搾機や保存に使われたツボなどが壁画に描かれています。

ワインに言及している最も古い文献は、メソポタミア文明の頃のことを記した「ギルガメッシュ叙事詩」です。旧約聖書の中でもワインについて言及されています。

紀元前2000年頃から西洋へ普及

やがて、古代オリエントのワイン文化はフェニキア人によって西洋へ広められていきました。紀元前2000年頃にはギリシャへ伝わり、その後、地中海全域へと広まりました。

当時のワインは水で薄めて飲むのが一般的だったことから、ギリシャでは今でも「混合」という意味の言葉がワインを指して用いられています。

中世のワイン

ローマ帝国の拡大に伴いワインが広まる

後にヨーロッパでは、次第にローマ帝国が領土を拡大していきました。

ローマ帝国は、最盛期には北はイギリスから南はアフリカ大陸の北岸、東はトルコとシリアから西はスペインとポルトガルまでの広範な領土を治めるようになりました。このローマの支配拡大とともにワインが広まっていったといわれています。

フランスのマルセイユ地方にワインが伝わったのは、紀元前600年頃です。その後ボージョレーやブルゴーニュ、アルザスやシャンパーニュ地方にも伝わりました。

ローマ帝国末期には領土全域にぶどう畑が広がり、すでに「ヴィンテージ」の概念も生まれていたようです。また、ワインの醸造方法も進化し、ストレートで飲む現代的なワインの基盤も確立されていきました。

キリスト教の影響

さらに、中世ヨーロッパで大きな影響力を持つようになったのが、キリスト教です。

イエス・キリストの死後、ワインは「キリストの血」としてキリスト教徒にとって大きな意味を持つようになりました。教会や修道院はぶどう畑を開墾し、ワイン醸造の技術を磨きました。現在でも、キリスト教の儀式では赤ワインが使われています。

14世紀のルネサンスや、その後の宮廷文化も質の高いワインを生みだす追い風となりました。17世紀末頃には、ワインを瓶詰めし、コルクで栓をするようにもなりました。

大航海時代から現代に至るまでのワイン

植民活動とともに新世界へ

大航海時代に、ワインは世界中へと広まっていきます。

16世紀には、アメリカ大陸にスペインからぶどうが持ち込まれました。17世紀にはオランダから南アフリカへ、18世紀にはイギリスからオーストラリアやニュージーランドへ広まりました。日本でワイン醸造が始まったのは明治時代です。

ヨーロッパ周辺の古くからワイン造りが盛んだった地域は「旧世界」、これら新たにワイン造りが始まった地域は「新世界」と呼ばれています。

長い間、新世界のワインは二流で、旧世界のワインの質には到底かなわないと考えられてきました。しかし、1976年に「パリスの審判」として知られる衝撃的な事件が起こります。

「パリス」の審判以降新世界ワインの評価が変わる

フランスワインとカリフォルニアワインのテイスティング対決が行われ、カリフォルニアワインが高級・老舗のフランスワインに勝ってしまったのです。主催者や審判員たちにとって予想外の結果でしたが、この事件以降、新世界のワインも高く評価されるようになりました。

現在、世界中で栽培されているぶどうの約90%がワインの原料として使われています。そのうちの約半数はヨーロッパ種のぶどうです。世界中で、それぞれの地域の特徴を生かした魅力的なワインが生みだされています。

まとめ

いかがでしたか?古くから世界中の人に愛されてきたワインの歴史をご紹介しました。歴史を考えながらワインを選ぶのも楽しそうですね。

次回ワインを飲むときは、ぜひワインの長い歴史を思い出してみてください。

こちらのページもご覧ください